崎田 治孝

11391222_898498903556820_3384547065387193971_n

崎田治孝(Dr)

1984年生まれ。兵庫県神戸市。

幼い頃、叔父が住む 糸島 福の浦の海で、よく遊んでいた。
中学時代に関東スチューデントジャズフェスティバルにおいて優勝し、ナイスプレーヤー賞を受賞する。
在学時から全国各地で演奏し、また海外遠征でイギリス、フランス、アメリカで評価を受け、渡辺貞夫氏、日野皓正氏、ケイコ・リー氏、など数々のミュージシャンと共演を果たす。
甲南大学Newport swing orchestraのドラマーを務め、第36回YAMANO BIGBAND CONTESTに出演し、個人として最優秀ソリスト賞を受賞する。
2008年に甲南大学を卒業し、3ヶ月間単身New Yorkに渡米。
帰国後、様々なバンドで活動しながら、浅井良将(As) 大友孝彰(P) 出宮寛之(B) らとともに、自己のバンド“Swing Jam Band”を結成し、全国各地で活動する。

2011年1月より、活動拠点をNew Yorkに移す。
2011年12月には、Ryan Brennan organtrioのアルバム『181』に参加し、Cross Town Recordの所蔵アーティストとなる。
2012年9月よりNew York City Collegeに入学。
2013年に大学を中退し、演奏を中心に生活を始める。
5月に、Joonsam Lee Trioでウクライナツアーに参加、同年9月にはYuko Okamoto Quartetでウクライナツアーに参加する。

2013年6月、糸島市志摩 けやきの杜にて、浅井良将(As)   小森陽子(P) 出宮寛之(B) らと、糸島凱旋ライブを行う。
2014年1月、糸島市志摩 けやきの杜にて、浦ヒロノリ(As)   小森陽子(P) 出宮寛之(B) らと、第2回 崎田治孝ジャズライブを行う。

2015年1月、四年のNY生活に幕を閉じ日本へ帰国。

同月、福吉ジャズ 3ヶ月連続ライブにて、和田明(Vo) 小森陽子(P) 権上康志(Ba)らと、福吉公民館、そして「廃校ライブ」を佐波分校会館で開催。