_DSC2779 のコピー _DSC6459 のコピー

2013年6月から、糸島市志摩「けやきの杜」で2度開催された「崎田治孝ジャズライブ」の想いを受け継ぐ糸島・二丈 福吉発の生演奏ライブ企画グループです。

崎田ライブでは、糸島の若いプレイヤーと世界で活躍する若手ミュージシャンの共演の機会を作り、その大切さを大きく感じました。

第1回では、福岡のジャズピアニスト 小森陽子との出会い。

第2回は、浦ヒロノリの帰福前のライブでもありました。

セッションした 志摩中学校吹奏楽部のメンバー。

1090893_724328600918517_1149200019_o

 

新聞では、ライブ前後に紹介されました。

事前記事

事後記事

 

崎田のアメリカへの帰国に伴い、新たに活動拠点を糸島市の西の端「福吉」に移し、この地で素敵な音楽を、生演奏を聴く機会を、たくさん作っていきたい。

そして、2014年3月、ボストン・東京で演奏活動してきた、糸島出身のサクソフォニスト 浦ヒロノリが、この地に帰ってきたこの機会に、地元の方が生演奏を身近なものにする場を作りたいという思いでスタートしました。

 

2014年6月に、第1回福吉ジャズを、バークリ音大現役ドラマー 森智大をリーダーに、地元から、浦ヒロノリ、波多江崇行が参加して福吉公民館で開催。
Dr 森智大 Bass 小野稔隆 Pf 小森陽子 Sax 中山拓海 Sax 浦ヒロノリ G 波多江崇行

 

これが、森智大 & 小野としたか JAPAN TOUR のフライヤーデザイン

全国の名だたるライブ会場の中に、福吉公民館が目立っています。

森ツアーチラシ完成

 

福吉ジャズは、独自に、フライヤーデザインを。
オフリードデザインの滝澤さんに、自分の「福吉ジャズのイメージ」を書き起こしてもらい、こんな「ジャズと縁遠い」デザインに。
ものすごく気に入っています。

福吉ジャズチラシ_040527改-2

 

朝日新聞掲載記事

福吉ジャズ新聞

 

福吉ジャズの実行委員会メンバーも、崎田ジャズからのサポートメンバーと、地元福吉の新規メンバーの協力があって、
企画運営団体として、スタートを切ることができました。
Asian Youth Jazz Orchestra や JAZZ SUMMIT TOKYO の仕掛人になる 中山拓海と浦ヒロノリの共演が見所でした。

昼夜2回公演で、201人の来場。

開催して気づいたことは、この地域にも音楽好きな方がいる、特に年配の方の楽しみのひとつに十分なり得るのではないか?ということでした。

_DSC6093-3-2コピー 10553716_669642093123387_1242166450539955058_o

10714322_755034221250840_3115096118890947930_o 10872918_755034237917505_1064540535930036996_o 10498295_651838134903783_8469006384131269635_o-1

 

そして、「多くの方に知ってもらう機会を作りたい」ということで、「第2回 海の祭典」に、波多江崇行 & 浦ヒロノリにて出演。(2014年7月)
芥屋海水浴場の野外ステージにて演奏。

スクリーンショット 2014-07-24 2.16.13

 

第2回 福吉ジャズは、11月から南風台、吉井下、波多江、福吉、佐波と「3ヶ月連続ライブ!」と題して、たくさんの方に知ってもらうべく、怒濤の連続ライブを開催しました。

3ヶ月連続ライブのデザインはこちら。もともとは4ヶ月ライブだったのは秘密です。
当時はあまり感覚としてなかったのだけれども、このずらっと並んだメンバー・・・

第2回福吉ジャズ_全体チラシ_最終

第2回福吉ジャズ_全体チラシ_裏_最終

 

波多江崇行とJoshua Brakestone at Banzo(2014年11月)

10733868_10203463656249105_3364218057116192088_o

 

Joshua とは、ライブ前に大相撲九州場所を観戦に行きました。
大相撲の大ファンという事で。

10805606_10203463612728017_377764571695151077_n

 

連続ライブの合間に、糸島市文化協会 芸術の祭典 出演がありました(2014年11月)
伊都文化会館で、舞踊や詩吟のなかで、ジャズライブ。かなりいい反応を頂きました。

Sax 浦ヒロノリ G 波多江崇行 Ba 小野としたか

885525_728283467259249_4955389556953538773_o 10624029_749912878412087_1847135601251333801_o

 

連続ライブに戻って、浦ヒロノリ&小森陽子 at ぎゃらりふがく(2014年12月)

フライヤーはこちら

第2回 福吉ジャズ 第2弾 ポスター 完成

 

福吉ジャズの、浦ヒロノリ 初のリーダーライブは、じつはコレでした。

スタンダードから童謡まで・・・幅広く、心に染み入る、そんなふたりの音楽の世界が、ここから始まったような気がします。

10392349_743756885711907_7657614909198546433_n 10846350_744047535682842_8676329775180223022_n

 

そして、福吉ジャズ presents の「波多江音楽祭2014」 実行委員会をひとつ作り上げる、そんなサポートに取り組みました。

森智大と大林武司、浦ヒロノリ、稲葉卓也 at 波多江音楽祭 波多江公民館(2014年12月)

「TAKESHI OHBAYASHI & TOMOHIRO MORI JAZZ LIVE TOUR 2014 KYUSHU JAPAN」のフライヤーはこちら
やはり、「波多江公民館」が異色です。

10470943_808662265842743_8969473180002963129_o

そして、波多江音楽祭実行委員会制作のフライヤー
波多江音楽祭 2014 完成ポスター

 

波多江音楽祭には、筑前高校吹奏楽部

スクリーンショット 2015-12-16 9.10.44

 

mon & あかおかずのり

スクリーンショット 2015-12-16 9.11.10

 

九大ジャズ研 西口純平トリオ

スクリーンショット 2015-12-16 9.11.40

 

そして、メイン。大林武司のすごさを体感したステージでした。
浦ヒロノリと大林武司が、バークリー繋がりという事もここで知ることに。

スクリーンショット 2015-12-16 9.12.22

 

最後はみんなで。100人超えのお客さんに足を運んでもらえました。

スクリーンショット 2015-12-16 9.10.05

Bassの稲葉卓也は、ジャズ研ステージとメインステージの連続演奏に対応してくれました。ありがとう。

10862593_928449747174122_5401205333199309233_o

 

年が明けて、2015年。崎田ライブ。

フライヤーはこちら。

第2回福吉ジャズ第4-5弾 表 第2回福吉ジャズ第4-5弾 裏

 

両会場とも公民館という、初の試み。公民館を会場に使う難しさと良さ、このふたつの両極端さを味わうライブになりました。

 

崎田治孝リーダーライブ at 福吉公民館(2015年1月)

Dr 崎田治孝 Ba 権上康志 Pf 小森陽子 Vo 和田明

告知不足もあり、来場者26人という結果でしたが、新しい試みのたくさん詰まった、そんな実りあるものになりました。

IMG_2851 1014931_766375790116683_1602210917479428413_o 10547143_776528869101375_478186444031371186_o

 

崎田治孝リーダーライブ at 佐波分校会館「廃校ライブ」(2015年1月)

Dr 崎田治孝 Ba 権上康志 Pf 小森陽子 Vo 和田明 Sax 浦ヒロノリ

かわって、佐波地区の分校会館会場。もと小学校の分校だったこの建物は、「廃校ライブ」というふれこみもあって、問い合わせ多数。
座布団に座ってジャズを聴くというスタイルの実験でもありました。
山間地にあるため、路面凍結にびくびくしながら、すきま風とストーブとの戦いがあり、なかなかの難しい運営でした。
ですが、地域の方が、呑みながら楽しく演奏に耳を傾け、地域の子どもたちが生演奏に興味津々という、ある意味、理想の形が実現したと思ってます。

「いとゆる」さんに取材してもらった記事はこちら

福吉ジャズ 崎田治孝ジャズライブ in 佐波 – 5つの個性がぶつかり合う!廃校となった佐波分校でジャズライブ開催!

IMG_3151_960  10943801_766874960066766_3599321609475888053_o  10911405_766875106733418_3607843455769828303_o

 

この2日間、セッションでは、地元のミュージシャンも Saxの田中康夫さんをはじめ 多数参加。

10830946_766875020066760_5032372960226974036_o 10896264_766375840116678_8132703738112588910_o

 

深江在住の小瀬泉さんも飛び入り参加して、和田明とヴォーカル対決。

10917187_766875070066755_3546826664261061046_o

アンコールでは、小森陽子とのピアノセッションというまったく予期しない展開が繰り広げられました。

10917969_766375796783349_8356077647802715418_o 10919444_766375743450021_8107287359515864509_o

 

 

まったく新しいアプローチで開催したのが、福吉牡蠣小屋ジャズライブ。

「yesterday trace」を迎えて、かきのますださんで開催しました。(2015年2月)

音響環境の良くないなかでの演奏、イベントへの理解、おふたりには感謝ばかりです。

905717_1024285767584929_4990058611044936792_o 17352206_x

 

糸島に1カ所めがけて人が集まるイベントと言えば、白糸酒造の酒蔵開き。
念願かなって、白糸酒造の田中社長からお声がかかりました!

白糸酒造 酒蔵開き ジャズライブ(2015年4月)
Sax 浦ヒロノリ Pf 小森陽子

スクリーンショット 2015-12-15 15.20.24

 

そして、ようやく開催に漕ぎ着けることができた「浦ヒロノリ 地元糸島での初リーダーライブ」

バークリー時代からの良き演奏パートナー 仙台在住の岡本優子、宮崎のベーシスト 坂元陽太、
沖縄出身の世界で活躍するドラマー 中村亮と、浦ヒロノリが、いま、一緒にやりたいメンバーでお届けしました。

 

フライヤーはこちら。

第3回福吉ジャズ 浦ヒロノリライブ ネット先行フライヤー 福吉JAZZ15062021

 

第3回 福吉ジャズ 浦ヒロノリ with friends at けやきの杜(2015年6月)
Sax 浦ヒロノリ Pf 岡本優子 Ba 坂元陽太 Dr 中村亮

DSCF7296-636x310 スクリーンショット 2015-06-21 2.45.36

11109026_945819085460738_3450247728692488834_o 11202871_945818932127420_8185765595516496116_o

 

けやきの杜会場は、「いとゆる」さんに取材していただきました。

福吉ジャズ 浦ヒロノリ with friends – 息の合った4人が奏でるオリジナル曲が素晴らしかった!

 

第3回 福吉ジャズ 浦ヒロノリ with friends at 福吉公民館(2015年6月)

Sax 浦ヒロノリ Pf 岡本優子 Ba 坂元陽太 Dr 中村亮

1606337_945814292127884_7393082700828658890_o  11425780_945814288794551_2481684616881362909_o  1799036_948824795160167_2417410172591211569_o 11429524_848105161943745_6477696403068618851_o

 

幾度かライブを開催して来て感じたことは「もう少し、小さいコミュニティから再スタートしてもいいのかも・・・」という事でした。

それからスタートしたのが、投げ銭で行う「公民館ライブ」です。

福吉ジャズの公民館ライブの主旨に賛同してくれるミュージシャンあってのイベントなので、ミュージシャンにはご負担をおかけしています。。。

 

福吉ジャズ 第1回 公民館ライブ at 大入公民館「小野としたか & 石川雄一」(2015年11月)

フライヤーはこちら

2015.11 大入公民館ライブ

12208773_912980118772028_3731029838997837942_n-1 スクリーンショット 2015-12-15 15.57.02

 

2014年の芸術の祭典出演をきっかけに招聘された「いとしま市民大学 秋の音楽祭 with 福吉ジャズ」(2015年11月)
Sax 浦ヒロノリ Pf 小森陽子

12241520_917891891631738_6485097639117893428_n-1 スクリーンショット 2015-12-01 23.21.24

 

福吉ジャズ 第2回 公民館ライブ at 大入公民館「yesterday trace」(2015年12月)

2015.12 大入公民館ライブ12304475_924511487636445_8276578120347154782_o

 

福吉ジャズ & 網焼きダイニングはな鳥 コラボライブ at はな鳥「yesterday trace」(2015年12月)

2015.12 はな鳥ライブ 12341265_924511274303133_6824795241122319101_n

 

2015年12月15日現在 ここまで・・・

 

会場は、ジャズのイメージからかけ離れたところが多いですが、たくさんの方に気軽に聞いてほしいと思っています。

これからも音楽を通じて、地域の繋がりが増え、たくさんの方に足を運んでいただけるように・・・

そんな想いで生演奏を響かせています。

福吉ジャズ